www.thearthausslc.org

子供のころから、猫が身近にいる環境で育ち、 物ごころつく前から猫が大好きでした。 好きになればなるほど詳しくなっていくもので、 今ではすっかり、猫のことならなんでも聞いて!と言えるくらいです。 猫の目の色、 イメージ的には黄色、と思われていることが多そうですが、 実は色んな色があるんですよ。 薄茶や緑やブルーなど。 子猫のときはみんなブルーがかった目をしていることが多いですね。 大人になってもブルーの目をもっているのは、 真っ白な猫や、シャム猫など。 これは色素の量にも関係してくるようですね。 真っ白な猫は、左右の目の色がちがう「オッドアイ」を持っている個体も時々います。 このオッドアイを持っている場合、 青い目の側の耳に、聴覚障害を持っていることが多いようです。 明るいところと暗いところでは、 瞳孔の開き方が大きく変わるので、 顔全体の印象もものすごく変わります。 室内などにいるときの、黒目がまんまるくなった顔がすき、という人も多いかもしれませんね。

MENU

  • 犬との日々がくれたもの
  • 釣りはあくまでも暇潰しに
  • 最近女性に人気の電話占い
  • 宝くじが1億当たったらどうしますか?
  • 便利さの裏の不便さ
  • 掃除ロボットを購入してみました
  • 免許と聞いて思い浮かぶ資格
  • 猫の目
  • 宅配を便利に利用しています。
  • 関節痛と正座の関係や対策
  • 関節痛の治療法について
  • 大人になって習い事に興味が出ました
  • 便利なサプリメント手放せません
  • 便秘解消方法について
  • 便秘とニキビの関係性
  • 肌が乾く季節の刺激に気をつけましょう
  • 待望のスバルスポーツモデル
  • 黒ずみを無くすために
  • 人生の転換期
  • 便秘解消にはウエストひねり